キリスト教の墓石デザインやコンセプトのポイント

キリスト教墓石デザインやコンセプトのポイント。

イスラエルに、私たちの罪の身代わりに死なれたイエスさまの墓石だと伝達されている石棺(せっかん)を中心とした聖墳墓(せいふんぼ)チャーチが構築されている。

ローマ帝国のエンペラーコンスタンティヌスのお母さんが聖地に行き、霊験的な御導きによりキリストの遺物を見つけて、そこにカテドラルを建立したと伝えられている。

聖墳墓教会(せいふんぼきょうかい)の扉をくぐると、贖い主イエスさまの聖なる遺体を横たえてオイルを塗ったと信じられているピンク色の石の板が飾られている。

イスラエルにある救い主イエスさまのお墓(The Garden Tomb)についての説明。

青森県の「キリストの墓」というのは贋物でありますが、真実のものは聖地イスラエルにある。

岩に掘られた墓穴のインナーには石の棺が造られていた跡があり、聖墳墓教会(せいふんぼきょうかい)に埋葬されている石棺や板はここから持ち出されたとも推測できる。

キリスト教の墓石デザイン

キリスト者が墓石をつくるのは、復活するときのために保存しておくためです。

世の終わりの時には、全ての人類が蘇って、最後のジャッジメントを迎える時が来ると聖なる書物を通して書かれています。

断じて、身体と関係がないわけではありません。

イスラエルにあるオリーブ山には、ジーザスの再臨を迎える時になるべく早く肉体が眠った状態から復活し、イエス様のもとに携挙されて欲しいと、数多くの信者が石棺を用意して埋葬しています。

一体全体どうしたことか我が国の中では、キリスト教信仰者はお墓参りをしないというバイアス広く認知されていますが、聖書信仰者はお墓の前で記念会を行います。

サブコンテンツ
http://bartklepka.com/

このページの先頭へ